トップページ > 業務の流れ

業務の流れ

■公正証書遺言書作成の流れ

① 初回打合せ
ご依頼人様と面談させて頂き、ご相談の内容をお伺いいたします。        
今後の大まかな流れを設定し、集めて頂く資料などをご説明させて頂きます。
また、お見積りをこの段階で提示させていただきます。
(実際の請求額は事情により変動する場合がございます。ご了承ください)
おかのを信頼して任せてみようと思われましたらご依頼ください。
その上で、業務に取りかからかからさせていただきます。

② 資料の収集、受け渡し、案文の作成                        
ご依頼人様、弊事務所でそれぞれ必要な資料の収集を行います。            
資料が揃いましたら、弊事務所にて案文を作成いたします。

③ 公証役場との打合せ
弊事務所では、遺言書は原則として公正証書で作成させて頂いております。
ご依頼人様からOKが頂けた案文について、公証役場に遺言書の作成依頼をし、
日程を調整致します。

④ 遺言書の完成                                 
公証日程当日は、遺言者様本人に役場までご足労いただきます。
当日は、公証人から口頭で作成しようとする遺言書の内容について最終確認が
なされ、遺言者の真正な意思で遺言書が作成される事が確認された上で、
公正証書遺言書が完成されます。    

■遺産分割協議書作成の流れ

① 初回打合せ                                    
ご依頼人様と面談させて頂き、ご相談の内容をお伺いいたします。            
今後の大まかな流れを設定し、集めて頂く資料などをご説明させて頂きます。
また、お見積りをこの段階で提示させていただきます。
(実際の請求額は事情により変動する場合がございます。ご了承ください)
おかのを信頼して任せてみようと思われましたらご依頼ください。
その上で、業務に取りかからかからさせていただきます。

② 資料の収集(相続人の確定、遺産の内容の確認)
ご依頼人様、弊事務所でそれぞれ必要な資料の収集を行います。
資料が揃ったところから、相続関係説明図、財産目録等を作成し、情報を整理して提供させて頂きます。

③ 遺産分割協議の内容の打合せ            
相続人は誰なのか、相続財産の内容及び評価額、被相続人のご生前のご意向はどうだったのか。。。
案件によって協議の内容は全く異なって来ます。

ご遺族様の今後の生活を考えた分割方法を考えましょう。

④ 遺産分割協議書の完成
相続人様全員のご協力(ご署名、実印押印)を頂いて協議書を完成させます。
完成した協議書は、預貯金の解約を始め、不動産登記の変更や相続税申告などの為に大切な書類になります。
印鑑証明と共に大事に保管して下さい。
 

■遺言執行者をお引受けした場合の業務の流れと内容
 

(ご生前)
・遺言書の作成
・遺言書の保管
・遺言書とは別途で遺言執行業務委託契約書を交わさせていただきます。
・定期連絡をさせて頂きお元気なことを確認させて頂きます。
・身近な相続人の方とも、ご遺言者様のお元気なうちからお顔を合わせさせていただき、
 その時に備えた信頼関係を築いていく方針をとらせていただいております。

(相続発生後)
・各相続人への就任報告と連絡調整
・必要書類の取寄せ、収集
・相続財産目録の作成
・金融機関、証券会社等の払戻等の手続
・遺言書に基づく遺産の分配
・車両の名義変更
・不動産の名義変更がある場合、司法書士の手配
・相続税が発生する場合、税理士の手配・連絡調整
・結果報告書の作成及び結果報告